2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > 北米版GBA『Iridion II』(イリディオンII)
 ← 【紹介】北米版GBA『Shrek: Hassle at the Castle』(シュレック: ハッスル・アット・ ザ・キャッスル) | TOP | 【紹介】北米版GBA『Barbie: Groovy Games』(バービー グルーヴィゲームズ)

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


北米版GBA『Iridion II』(イリディオンII) 

2015年11月02日 ()

■北米版GBA『Iridion II』(イリディオンII)

Shin'enが開発したGBAの傑作縦スクロールSTG。
日本のシューティングゲームが大好きな開発スタッフが集結して作られた作品。どこかで見た事のある演出は、皆和製STGのオマージュ。そんなオマージュ盛り沢山の内容ながら、見事な纏まりを見せている。見た目や演出なとからトレジャーの『レイディアントシルバーガン』あたりの影響が強いように感じます。
ちなみに、前作の『Iridion』は縦STGではなく3DSTGとなっています。こちらも名作!
そして、この作品の後継作品としてDSの『Nanostray』(ナノストレイ)シリーズが誕生。ハードの性能が上がった分、劇的な進化を遂げ演出面でもポリゴンゴリゴリのカッコイイものに。続編の『Nanostray 2』(ナノストレイ2)で完成系となった。日本でも『Nanostray』は『弾爵』と言うヘンテコなタイトルに変更されて発売されている。DSのシューティングゲームを語る上でも欠かせない作品だ。
そして、このシリーズの全楽曲を手掛けているのがManfred Linzner氏。シューティング魂を刺激するノリの良い熱い楽曲ばかりで素晴らしい!特に『Iridion II』の頃は曲も弾けていて最高だ。

これまたちなみに、3DSで出ているシリーズ作品『Nano Assault』(ナノアサルト)のBGMはManfred Linzner氏の楽曲提供は無く監修でだけ参加している。だからと言って悲観することは無くこちらも良曲揃いだ。

シリーズの先駆けとなった『Iridion II』は是非とも多くのSTGファンに遊んでもらいたい作品です!
[2015.11.02(Mon) 11:45] ゲームメモ[レビュー]Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 【紹介】北米版GBA『Shrek: Hassle at the Castle』(シュレック: ハッスル・アット・ ザ・キャッスル) | TOP | 【紹介】北米版GBA『Barbie: Groovy Games』(バービー グルーヴィゲームズ)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 【紹介】北米版GBA『Shrek: Hassle at the Castle』(シュレック: ハッスル・アット・ ザ・キャッスル) | TOP | 【紹介】北米版GBA『Barbie: Groovy Games』(バービー グルーヴィゲームズ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。