2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 北米DSiWare『Orion's Odyssey』(オリオンズ オデッセイ)
 ← 納得な理由があるプレミア価格 | TOP | DC版から数年、新作はミッションクリア型に。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


北米DSiWare『Orion's Odyssey』(オリオンズ オデッセイ) 

2014年02月09日 ()

■北米DSiWare『Orion's Odyssey』(オリオンズ オデッセイ)

こちらはパズルゲームなんだけど、簡単に言うとタングラムとか幼児向け知育ゲームなんかの形合わせ。
主人公のロボット、オリオン君が困っている人達を助ける為に必要なアイテムを組み立て、問題を解決しながら悪者の何ちゃら(←オイ)を倒すべく進むと言うオーソドックスなストーリー。

↑海賊が帽子を無くして困ってます…

先に進む為に必要なアイテムのシルエットに数種類の図形を合わせて完成させるとアイテムが実体化するって感じ。

↑ならば、僕が作ってあげましょう。とオリオン君…

ステージにはそれぞれ図形の使用回数に規定数があり、その規定数以内なら何個も何種類も図形を使って良い。当然正解の組み合わせも何種類もあるので、とにかくそのシルエットさえ完成させればOK!なとっても単純なルールだ。

↑最後に四角いのをあそこにはめたら…

この感じ、何かのゲームに似てるなぁ…と思ったけど、ルール自体は全く違うけどステージの進め方や雰囲気、正解に対しての自由度など『スクリブルノーツ』に似ている気がします。

↑はーい!海賊ちゃんの帽子の出来上がり!

この手のゲームにありがちな、時間制限も無いので、焦りながら「どうしようどうしよう(汗)」なんて事も無く、のんびり考えながら遊べます。のんびりし過ぎて寝落ちする事もしばしば…(←オイ!)



単純に見えるシルエットでも使える図形は6種類しかないので、その中から形に合った図形を組み合わせるのは結構頭を使う。あと少しで完成!って時にそこに丁度良くハマる図形が無かったり…マジかよ~(泣)なんて事も多いw真冬の夜長には丁度良いゲームですね。

難易度的には凄く難しい物もあり、その日は完成させる事が出来なくて、数日後にパッと思い付いてようやく図形を完成させる事が出来たりと苦労する事もある。見た目の可愛らしさやシンプルさとは裏腹に、大人でもかなり頭を使わされる事があるので、難易度は比較的高いかもしれない。

↑序盤でこれかなり難しかった(汗)

セーブに関しては、ステージ中のエリア毎にオートセーブされているようで、諦めてゲームを止めても、ステージ最初に戻される事は無く、止めたエリアから再開する事が出来る(パズル自体は最初からですが)意外と親切設計。これはかなり嬉しい!

感想としては、頭を使うのが苦にならない程度の難解さが結構心地良く、楽しい。シルエットを完成させた時の自分のドヤ顔は鏡で絶対見たくないくらいだw
パズルゲーム好きなら…と言っても、落ちものパズル系では無く、タングラムは勿論ですが、クロスワードやイラストロジック系のパズルが好きな人には凄く合うゲームだと思います。オススメ!
[2014.02.09(Sun) 20:44] ゲームメモ[レビュー]Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 納得な理由があるプレミア価格 | TOP | DC版から数年、新作はミッションクリア型に。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 納得な理由があるプレミア価格 | TOP | DC版から数年、新作はミッションクリア型に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。