2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > 北米版3DS『Regular Show: Mordecai and Rigby in 8-bit Land』(レギュラーショー: モーデカイ アンド リグビー イン 8ビットランド)
 ← バットマン新作は2.5Dアクション!『Batman: Arkham Origins Blackgate』(バットマン: アーカム オリジンズ ブラックゲート) | TOP | 【紹介】北米版GBC『Speedy Gonzales: Aztec Adventure』(スピーディー・ゴンザレス: アズテック アドベンチャー)

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


北米版3DS『Regular Show: Mordecai and Rigby in 8-bit Land』(レギュラーショー: モーデカイ アンド リグビー イン 8ビットランド) 

2013年11月06日 ()

■北米版3DS『Regular Show: Mordecai and Rigby in 8-bit Land』(レギュラーショー: モーデカイ アンド リグビー イン 8ビットランド)

期待半分不安半分のWayForward開発の『Regular Show: Mordecai and Rigby in 8-bit Land』さぁ、どう出るか…

感想を少々。

良いです!

あらすじ的には送られて来たゲーム機を起動したら、モーデカイとリグビーがゲームの世界に閉じ込められちゃったーみたいな、結構ありがちなお話。

さて、ゲームの方はと言うと、ファミコン等のレトロゲームを思わせる横スクロールアクションゲーム。
スーパーマリオや、キャラ切り替え、キャラ切り替え+背景チェンジ、任意スクロールSTG等、色んなゲームの要素をごちゃ混ぜにして上手くまとめた感じで面白い。
効果音なんかは、どう聞いてもマリオ!みたいなのも多々wワールドマップに至っては完全にマリオなわけですw


基本アクションになるのは、モーデカイとリグビーを切り替えながら、先に進む為のトラップを解いて行くパズル的な要素を含んだジャンプアクション。そこに任意スクロールのシューティングが合わさった感じだ。
グラフィックに関しても素晴らしく、特に今作の立体視はWayForwardが気合い入れちゃったのが分かる飛び出しっぷり!これにはちょっと驚いたw


↑画像じゃ分からんけど、めっちゃ飛び出してますw

そして、肝心要のBGMはWayForward作品と言えばこの人Jake Kaufman氏が担当しているので、終始ノリノリでカッコイイです!さすがです!

とにかくこのゲーム、ゆるいアニメのゆるいゲームかと思いきや、一撃死の上、難易度も結構高いのでポンポン死にまくるw
でも、その代わりに残機もポンポン増えまくるwおっ!この感じ、クラッシュバンディクーっぽくもあるぞw

このゲームを遊んでるとホント懐かしい感じになって来ます。難易度の高さも嫌な高さじゃなくて、全て自分の腕のせいと納得出来る。だから悔しく何度も何度もリトライしてしまうw
在り来たりな表現をするならば、

「昔懐かしいファミコンの良作アクションを遊んでいるみたい」

ボス戦もアツく、攻略ポイントを見つけるのが楽しい。

ただ、良い所ばかりでも無く、無理矢理詰め込んだ感のある任意スクロールシューティングパート…モーデカイがビッグバイパーみたいな戦闘機に変身して戦うパートだけど、ぶっちゃけコレは要らなかった。

自機がデカく当たり判定もシビア、更に狭い通路で引っかかる…う~ん、単純にジャンプアクションだけで良かったような…


そして、シューティングパートはもう一つ。
今度はリグビーがランボーよろしく、魂斗羅スピリッツばりの真上見下ろし型のこれまた任意スクロールシューティングがあるんだけど、こちらは操作にクセ(弾を撃ってる間は方向を変えられない)があるものの、かなり爽快で面白いw

と、ここまでのアクションパート、シューティングパートはそれぞれ独立したステージとしてあるわけではなくて、1ステージ内に混合して存在していて、要は先に進むために要所要所で切り替えなければいけないと言うことです。

↑この先、青い背景からシューティングパート

時にはそれぞれを複合させないと、各ステージに3つある収集アイテム「ビデオテープ」が取れないとか…意地悪な部分もあるw


まだクリアまでは行っていないけど、おそらく終盤までは来ているこの段階で、普通に買って良かったと思えている。
凄く楽しい!久々にアクションゲームを遊んでいるなぁ!と言う気にさせてくれる良作だと思います。

実は、WayForward渾身の一作?

■追記
ラスボスの必要以上のしつこさに心が折れそうになりましたw
[2013.11.06(Wed) 17:33] ゲームメモ[レビュー]Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← バットマン新作は2.5Dアクション!『Batman: Arkham Origins Blackgate』(バットマン: アーカム オリジンズ ブラックゲート) | TOP | 【紹介】北米版GBC『Speedy Gonzales: Aztec Adventure』(スピーディー・ゴンザレス: アズテック アドベンチャー)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← バットマン新作は2.5Dアクション!『Batman: Arkham Origins Blackgate』(バットマン: アーカム オリジンズ ブラックゲート) | TOP | 【紹介】北米版GBC『Speedy Gonzales: Aztec Adventure』(スピーディー・ゴンザレス: アズテック アドベンチャー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。