2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > PS Vita『STAR STRIKE DELTA』(スターストライク デルタ)
 ← ムズイ!けど面白い!『Shift 2: Unleashed』(シフト 2: アンリューシュド) | TOP | 待望のVita版『朧村正』

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


PS Vita『STAR STRIKE DELTA』(スターストライク デルタ) 

2013年04月30日 ()
久々の更新w気が付けば1ヶ月も空いたのか(汗)

ちゅー訳で、今回はお気に入りのSTGのご紹介。

■PS Vita『STAR STRIKE DELTA』(スターストライク デルタ)

このシリーズ、PS3『STAR STRIKE HD』から遊んでるんだけど、シリーズ最新作であるVita版『STAR STRIKE』も変わらず面白いです!
シリーズを増す毎に面白くなって行くシリーズ物としては稀な作品だと思います。
開発はPS3版から変わらず、フィンランドのデベロッパーHousemarqueが担当。据え置きと携帯機でたまにデベロッパーが変わる事がありますが、このシリーズは安心ですねw
基本的なシステムは、全方位型シューティングで360度好き勝手に動き回りながら敵を撃破して行くタイプのゲームです。外人さんはこのタイプのシューティングが好きなのか、似たようなゲームがたくさんありますよね。
さて、今回のVita版ですが、本体に右スティックが付いた事でPS3版と同じ感覚で自由自在にショットが撃てるようになりました。前作となるPSP『STAR STRIKE Portable』はショットが4つのボタンに振り分けだったので、慣れないと斜め方向に撃つのが少し大変だったので嬉しい所。
ちなみに、PSP『STAR STRIKE Portable』をVitaで遊ぶ時にショットを右スティックに設定出来るようになるので、PS3やVitaと同じ感覚でショットが撃てるようになります。この辺はVitaで遊ぶ利点かなw
そして、最大の特徴となるのが、タッチパネルやモーションセンサーによる操作が加わった事!これも慣れるまで、特に本体を振って発動するボムはちとどうかな~とw

さてさて、このゲームを一言で言うならド派手!
その派手さがウリの一つになってる所があるので、正に正統進化のド派手っぷり!

超美麗なグラフィックとド派手な演出と撃ちまくり壊しまくりの爽快感が堪りません!
操作性もバツグンで、動かしていて不満に感じる事はありません。ただ、操作モードDELTA時に背面タッチパッドに割り当てられてるボムの一種がたまに意図せずに発動してしまう事があります…これはゲームに熱くなってるうちに知らずに触れてしまって起こるミスなんだけど、反応が良過ぎるのかとても起こり易いです。
これは、このゲームに限らず背面タッチパッドを使うゲームではある話かもしれませんね。
どうしても気になれば、ボタン操作のみのPUREも用意されてはいますが、本来3種類あるボムが1種類に制限されるのでちょっと解せない感じですw


ステージ構成は、5つの惑星に各5ステージあり、各惑星の5ステージ目はボス戦となります。
難易度的にはカジュアルならばそれ程高くありませんが、それでもヘタレゲーマーには厳しい場面もチラホラあります。リトライはその場復活では無く、惑星の1ステージ目からやり直しとなります。←この辺りがヘタレゲーマーには辛いトコロ…
ボスはそれぞれ個性的で、攻略するのが楽しいです。


あと、細かな所で気になったのはVitaになり、ボタンが増えた事でPSP版と若干ボタン配置が変わってしまった所。
例えば、PSP版の武器選択が方向キーだったのがVita版ではRボタンに…PSP版はRボタンがボムだったのでPSPで慣れてると誤作動しまくるかもしれませんwとっさの時にボムったつもりが武器変更とかションボリ展開があるかも…
それともう一つ、BGMが落ち着き過ぎている点…
ゲーム自体めちゃくちゃ派手です!爽快感もバツグンです!もちろんイメージ的にはノリノリなBGMを期待してしまいます。……が、全体を通して物凄く落ち着いています。多少ノリの良いBGMもありますが、気分が乗ってくるようなレベルではありません。
SFの世界観の雰囲気にはとても合ってると思うけど、こういうノリのゲームには向かないと思います。派手派手なゲーム内容にはやはり気分も盛り上げてくれる派手なテクノサウンド的なBGMが欲しかったなぁ…と。まぁ、この辺りは個人差があるのでこれはこれで良いって人もいるでしょうね。

★グラフィック: 10(不満無し)
★サウンド: 5(ゲーム内容にイマイチ合っていない)
★コントロール: 9(背面タッチパッドの誤作動だけが痛い)
★ゲームプレイ: 7(DLCでモードは増えるが、それでも飽きやすい)
※それぞれ10点満点中の評価です。


全体的な感想としては、面白い!
先ほど言ったBGMの不満はありますが、それを差し引いても面白さが勝ります。
1000円と言うお手頃価格で、このビジュアルと爽快感を手に入れられるのは嬉しい限りです。ボリューム的なものは無いし、ゲーム内容的にも飽き易いジャンルなのですが、DLC(有料)でモードも増えるし遊び応えはまずまずだと思います。本体に常備して置きたいゲームです。オススメ!
[2013.04.30(Tue) 12:30] ゲームメモ[レビュー]Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ムズイ!けど面白い!『Shift 2: Unleashed』(シフト 2: アンリューシュド) | TOP | 待望のVita版『朧村正』

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← ムズイ!けど面白い!『Shift 2: Unleashed』(シフト 2: アンリューシュド) | TOP | 待望のVita版『朧村正』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。