FC2ブログ

2018.11 «  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - » 2019.01
TOP > PS Vita『Need for Speed: Most Wanted(2012)』(ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド(2012))
 ← 最近の購入品 | TOP | 漫画風なゾンビゲー『Teenage Zombies: Invasion of the Alien Brain Thingys!』(ティーンエイジ ゾンビーズ: インベイション オブ ザ エイリアン ブレイン シンギーズ)

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


PS Vita『Need for Speed: Most Wanted(2012)』(ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド(2012)) 

2013年03月03日 ()
メインモードをクリアしたので感想をば。

■PS Vita『Need for Speed: Most Wanted(2012)』(ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド(2012))

先ず、真っ先に言いたいのはこのゲームの謳い文句でもある「Criterion Gamesの『Need for Speed: Most Wanted』」だと言う事と、あくまでも初代『Need for Speed: Most Wanted』のリブート作品であると言う事。
この2点を最初に頭にいれておかないと人によっては大変な事(勘違いによる酷評)になってしまいます。
何故かと言うと、全く同タイトルの初代『Need for Speed: Most Wanted』(※以下NFSMW)がとにかく良作だったからなんです。
初代NFSMWの開発はEA Canadaが担当していて、ココは古くから同NFSシリーズの開発を手掛けて来たEAの開発スタジオ。当然シリーズ特有の「雰囲気」も既に完成された感もある。
しかし、今回はCriterion Gamesが開発を担当。
Criterion Gamesと言えば、やはりBurnoutシリーズが代表作。こちらもEAのレースゲームではNFSシリーズと肩を並べる代表的シリーズ作品である。そんなCriterion GamesがNFSMWを作っちゃったからさぁ大変…第一印象は、実存のスーパーカーで走るバーンアウトパラダイスでした。これは結構多くの人から言われてる通り、僕も初めの印象は正にコレ(笑)

そして、ゲームシステムもガラリと変わっていて、初代とは別物。そう!完全新作の別物と考えて遊ばないと、初代をやり込んだ人なんかは文句しか出ないかもしれません…
初代が箱庭レースゲームでありながら、Wantedマシンを駆るライバル達を倒しトップランカーに昇り詰めると言う、映画『ワイルドスピード』バリの熱いストーリーが乗っかった本当に素晴らしい内容の物でした。
更にはチューニングの自由度も物凄く高く、マシンの性能や見た目やカラーリングに至るまで大幅にデザイン変更出来たのも大きな特徴でした。
しかしながら、今作はと言うと初代のこれらの良かった部分は徹底排除されています…正にスッキリ!みんなのスッキリなのです!

先ず、ストーリーは無し。登場人物だって居ません…伝統の厄介な警察は居ますが、捕まってもペナルティ無し…捕まった時のペナルティはあった方がスリルがあって面白かったのになぁ…と、この点に関してはちょっと不満。初代の時はホント必死で警察から逃げたけど、今作は面倒くさくなったらおとなしく捕まったりしてました。何せ、おとがめなしなので(笑)

ストーリーが無くなった代わりに、Wantedマシンへの挑戦権はポイント制になりました。レースで勝ったり、警察から逃げたり、看板を破壊したりと各所でポイントが入り、一定のポイントが溜まるとWantedマシンにチャレンジが出来ると言う仕様で、10台のWantedマシンに勝利すればクリア。このメインモードに関してはボリュームはありません。難易度に関してもかなり簡単で、クリアだけなら普段レースゲームをあまり遊ばない人でも比較的楽なんじゃないでしょうか。この点は初代より敷居が低くなって良かったなぁと思いました。

クリア後は、バーンアウトパラダイス譲りの看板破壊と言う、収集欲を掻き立てる要素や、EAお得意のオートログでフレンドとの記録の競り合いやオンラインバトルなどメインモード以外で長く楽しめるんじゃないかな。

全体的な感想としては、Vitaでこれだけクオリティの高い箱庭レースゲームが遊べると言う贅沢は中々出来ないと思います。
ストーリーや自由度の高いチューニングも出来ないけど、コレはコレで、Criterion Gamesの『Need for Speed: Most Wanted』はこんな感じか~と言う頭で遊べば全然許せるし、これも一つの完成されたNFSMWなんじゃないかと思いました。だからこそのこの謳い文句なのでは。
あくまでもリブート作品である。決して移植や続編と言う括りではありません。再スタートだと言う事です。その一発目がこのデキならCriterion Gamesの『Need for Speed: Most Wanted』も悪くないですよ。
Vitaでレースゲームをお探しなら間違い無くオススメ出来る作品です!
[2013.03.03(Sun) 21:29] ゲームメモ[レビュー]Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 最近の購入品 | TOP | 漫画風なゾンビゲー『Teenage Zombies: Invasion of the Alien Brain Thingys!』(ティーンエイジ ゾンビーズ: インベイション オブ ザ エイリアン ブレイン シンギーズ)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 最近の購入品 | TOP | 漫画風なゾンビゲー『Teenage Zombies: Invasion of the Alien Brain Thingys!』(ティーンエイジ ゾンビーズ: インベイション オブ ザ エイリアン ブレイン シンギーズ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。