2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 『Jim Power: Lost Dimension in 3D』(ジムパワー: ロスト ディメンション イン 3D)が気になる
 ← iOSで大人気だが、3DSでは鳴かず飛ばず | TOP | 話題の3DS『レイマン オリジン』について

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


『Jim Power: Lost Dimension in 3D』(ジムパワー: ロスト ディメンション イン 3D)が気になる 

2012年03月24日 ()
Fernando Velez & Guillaume Dubailと言えば、ハードの限界を越えた作品作りで超有名ですよね。
そして、何より気持ち悪い位の多重スクロールを作らせたら右に出る者は居ないんじゃないかって程の高い技術力は圧巻ですw多重スクロール如き今じゃ当たり前ですが、GBやGBCの作品で見たらちょっとビビりますぜダンナw

そんな気持ち悪い多重スクロールの極みとも言える作品がSNES & Genesisの『Jim Power: Lost Dimension in 3D』(ジムパワー: ロスト ディメンション イン 3D)
まぁ、動画を観てくださいw
▼SNES『Jim Power: Lost Dimension in 3D』ロングプレイ(YouTube)
※ロングプレイ動画なのでちょっと重いかも…


うっはー!気色悪っ!奇妙な色使いも合わさってコレは相当気色悪いぞwだが、それがいい!
凄いですよね、このヌルヌルヌメヌメ感w

さて、このゲームですが、内容が少しSNES版・Genesis版と違いますが、実は日本でも発売してたりします。
知る人ぞ知るマイナーゲームで、常人ではほぼ知らないんじゃないか?って程のマイナーゲーム中のマイナーゲームとして、PCエンジンスーパーCD-ROM2で発売された『ジム・パワー』がその御大ですw
動画なんかも探すと出て来るので気になった人は探してみては。

やはりこう言うゲームには必ず突き詰めたファンの方も居まして下記にあるサイト様の愛のあるレビューを読めば、どんな内容のゲームなのかすぐに分かると思いますw(特に2番目)

▼『ジム・パワー』レビュー
■http://www.pcefan.com/review_soft_03.htm
■http://www.jimpower.org/pce/

さ~て、どんな感じかお分かり頂けたかなw

僕が欲しくて気になっている『Jim Power: Lost Dimension in 3D』にも言える事だけど、とにかく難易度が鬼らしいんですよねコレwその点がヘタレな僕としては購入に踏み切れないところだったりします(汗)
一撃死と言う所は魂斗羅などと同じなんだけどね…

ちなみに、買うならSNES版でもGenesis版でもどっちでも良いかなと思っています。(安い方でw)
さぁ、どうしようかと今日もまた悩んでスルーかw
[2012.03.24(Sat) 21:21] 気になるメモTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← iOSで大人気だが、3DSでは鳴かず飛ばず | TOP | 話題の3DS『レイマン オリジン』について

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← iOSで大人気だが、3DSでは鳴かず飛ばず | TOP | 話題の3DS『レイマン オリジン』について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。