2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > CATEGORY > GBC
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


【紹介】北米版GBC『Sabrina the Animated Series – Spooked!』(サブリナ ザ アニメイテッドシリーズ スポークド) 

2016年02月20日 ()

■北米版GBC『Sabrina the Animated Series – Spooked!』(サブリナ ザ アニメイテッドシリーズ スポークド)

日本でも放映した「おちゃめな魔女サブリナ」を題材にした横スクロールアクション。開発はWayForward
サブリナとセーレムを切り替え進む。
キャラ切り替えアクションだが、サブリナを操作してる時、セーレムは後ろをついて来るわけではなく、チェンジした場所で待機。またチェンジするとセーレムが待機してる場所から。その逆も然り…いちいちチェンジした場所に戻されるのはキャラ切り替えアクションとしては少々テンポが悪い。
しかし全体的なクオリティに関しては流石はWayForwardと言った感じでドット絵一つ取ってもサブリナの細かい表情や仕草など非常にレベルが高い。
WayForward開発のサブリナシリーズは2作出ているが、どちらも隠れた名作と言って良いだろう。
スポンサーサイト
[2016.02.20(Sat) 08:54] GBCTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


【紹介】北米版GBC『Project S-11』(プロジェクト S-11) 

2016年01月11日 ()

■北米版GBC『Project S-11』(プロジェクト S-11)

海外でのみ発売されたサンソフトの縦スクロールシューティングで、日本でも知名度の高い作品。
ゲームの方はショットとボムのみのシンプルな作りながら、日本製なので洋ゲー特有の変に難易度が高いということも無くソツなく遊べる。
しかしのこゲームを語る上でゲーム内容よりも注目されるのがBGMだ。とにかく音色がGBCではあり得ない音色を奏でるのだ。初めて聴くと驚きますw分かり易く言うと、ファミコンのオリジナルの音色からコナミの特殊チップを積んだ音色を聴いた時のような衝撃があります。
決して良曲ではないがあまりに独特過ぎるメロディラインと音色がクセになる縦STG。
ゲームの方は至って普通だし、1ステージが長いとか連射が遅い等、不満も多いが独創的なBGMが引っ張って中々楽しめる佳作となっています。
[2016.01.11(Mon) 08:14] GBCTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


【紹介】北米版GBC『Disney's The Jungle Book: Mowgli's Wild Adventure』(ディズニーズ ジャングルブック モーグリズ ワイルド アドベンチャー) 

2015年12月20日 ()

北米版GBC『Disney's The Jungle Book: Mowgli's Wild Adventure』(ディズニーズ ジャングルブック モーグリズ ワイルド アドベンチャー)

先ず起動して驚くのが度肝を抜くOPムービー!「あれ?これってゲームボーイカラーだよね?」と疑う事必至wしっかりアニメーションのOPなんです!これは凄いです。
ゲームの方はOPムービー程のインパクトは無いものの、滑らかなスクロールや、キャラクターのドット絵などとても丁寧に作られた作品と言うのが伝わって来ます。先に進む為にステージ内のあらゆる仕掛けを解きながら進めるタイプのアクションゲーム。
ディズニーズと付くゲームは数多くありますが、その中では一つ抜きん出た作品。GBの中でも名作一つです。
[2015.12.20(Sun) 10:33] GBCTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


【紹介】北米版GBC『Lucky Luke』(ラッキールーク) 

2015年10月29日 ()

■北米版GBC『Lucky Luke』(ラッキールーク)

ベルギーの同名アニメを題材にしたアクションゲーム。開発はFernando Velez & Guillaume Dubail(VD-Dev)。タイムリーな話題で言うと、本日から3DSで配信された『IRONFALL-Invasion-』の開発元である。とても高い技術力を持ったデベロッパーだ。
弾数制限のある拳銃や、馬に乗って障害物を避けながら進むステージなどGBCながら多彩なステージ構成で楽しい。
バージョンが複数あり、全く同内容のGB版もある。
それと、ゲーム内容・開発元も違う全く別物だが同タイトルのPS版も存在し、ヒッソリと日本でもローカライズ版がスパイクから出ているwかなりマイナーなので見つけるのは大変かもw
[2015.10.29(Thu) 19:15] GBCTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


【紹介】北米版GBC『Elmo in Grouchland』(エルモ イン グラウチランド) 

2015年10月28日 ()

■北米版GBC『Elmo in Grouchland』(エルモ イン グラウチランド)

セサミストリートの人気キャラ、エルモのアクションゲーム。
一周約10分程度のお手軽仕様。
元々3~5歳の小さなお子様向けゲームなので、割り切って遊ばないと痛い目を見る。 もちろん大人が詰まる事は無いw
[2015.10.28(Wed) 08:32] GBCTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。